【桜花賞】戦い終えて

[ 2019年4月8日 05:30 ]

 ▼5着ビーチサンバ(福永)エンジンが掛かるまでに時間がかかった。スッと反応できない。まだ成長途上。次は良くなると思う。

 ▼6着プールヴィル(秋山)ゲートが速いし一発狙うには逃げしかないと思っていた。よく頑張ってくれた。

 ▼7着エールヴォア(松山)スタートでトモを滑らせてしまって…。思った位置で運べなかった。

 ▼8着ジュランビル(松若)思った通りの競馬で1F延長に対応。改めて走る馬と思った。

 ▼9着シェーングランツ(武豊)状態は良かったし思った競馬はできた。ただ、時計が速すぎて、ためるところがなかった。もう少し時計がかかった方がいい。

 ▼10着アウィルアウェイ(石橋)道中、フワッといい感じに運べたがゴチャついてしまって…。かわいそうな競馬に。

 ▼11着ノーワン(坂井)折り合って4角までスムーズ。ただ、最後は切れ負けした。

 ▼12着メイショウケイメイ(古川)マイルはギリギリでロスのない競馬を心がけた。でも、ちょっと長いかも。

 ▼13着アクアミラビリス(M・デムーロ)一番いい所を走れて折り合いはついたが伸びなかった。

 ▼14着レッドアステル(戸崎)体が減っていたし、まだパンとしていない。直線でもゴチャついた。

 ▼15着フィリアプーラ(丸山)付いていくので精いっぱいだった。

 ▼16着ホウオウカトリーヌ(大野)馬場がフィットしていない感じだった。

 ▼17着ノーブルスコア(岩田康)ゲートを出てくれたが3角でゴチャついてリズムを崩した。

 ▼18着ルガールカルム(三浦)馬群が凝縮して厳しい競馬に…。そこで気持ちを使い切った感じ。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2019年4月8日のニュース