【プラスα・中山1R】末脚注目

[ 2019年1月12日 05:30 ]

 <中山1R・ノーブルフューチャ>1400メートルの初戦は6着だったが、距離を1F短縮した前走は3着。1着とのタイム差は2秒7から0秒6まで詰めた。前走は前半3F34秒0のハイペース。激流濃厚なここも展開は向きそうで、武器の末脚が生きる。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年1月12日のニュース