【京都白梅賞】エメラルファイト2勝目 藤岡康「いい勝ち方ができました」

[ 2019年1月12日 15:39 ]

 京都9Rの2歳500万戦・白梅賞は、3番人気のエメラルファイト(牡=相沢、父クロフネ)が中団から差し切り2勝目を挙げた。

 藤岡康は「位置取りも良かったし、直線はスペースが開くとしっかり伸びた。いい勝ち方ができましたね」と満足げ。今後のレース選択を広げる大きな賞金加算となった。相沢師は「絶対に勝ちたいと思っていた。今後は放牧に出して、千六を中心に走らせたい。目標はNHKマイルです」とこれからの方向性を語った。

続きを表示

「根岸S(G3)」特集記事

「シルクロードS(G3)」特集記事

2019年1月12日のニュース