岩手競馬 今年度赤字なら廃止も…禁止薬物問題で知事が示唆

[ 2018年11月9日 05:30 ]

 岩手県競馬組合管理者の達増拓也県知事は8日の定例記者会見で、岩手競馬出走馬から相次いで禁止薬物が検出された問題に関し、単年度赤字に陥れば競馬事業を廃止する可能性があるとの認識を示した。

 県などは多額の累積赤字を抱える同組合に約330億円を融資した経緯がある。07年度以降、単年度収支で赤字にしないことが存続条件。達増知事は「単年度で赤字にしないのが岩手競馬の原則。ルール以外のルールに従うのはあり得ない」とし、「まだ年度の真ん中あたり。さまざまな経営努力を行って黒字達成を目指す」とも強調した。

 7、9月の出走馬に続き、10月の出走馬からも禁止薬物ボルデノン(筋肉増強剤)が検出された。事態を重くみた同組合は今月10〜12日の開催中止を決めたが、この3日間で約7900万円の粗利益を見込んでいた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年11月9日のニュース