【京都新馬戦】ピノクル 切れ切れ12秒8「将来的に楽しみ」

[ 2018年11月9日 05:30 ]

7日に3頭併せで追い切られたピノクル(手前)
Photo By 提供写真

 京都土曜5Rに登場のピノクル(牡=音無、父キングカメハメハ)は母が07年のNHKマイルCを17番人気でぶち抜いたピンクカメオ。C・デムーロが騎乗した最終追い切りのCWは6F80秒7〜ラスト1F12秒8と母譲りの切れ味で追走先着だ。音無師は「500キロあるからね。この血統は大きな馬の方が良さそうだ。今は動きも標準だが将来的に楽しみ」と期待を寄せている。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年11月9日のニュース