【東京新馬戦】アサヒダケ 軽快13秒3!砂適性高く評価

[ 2018年11月9日 05:30 ]

 東京日曜6Rのジュンアサヒダケ(牡=高柳瑞、父オルフェーヴル)が最終追いで軽快な動き。Wコースでイダペガサス(3歳1000万)と併せ、2馬身先行から同入に持ち込んだ。強めに追われてラスト1Fは13秒3。手綱を取る石川は1週前追い切りに騎乗しており「新馬戦を勝てるレベル。ダートが合っていると思う」と能力を高く評価していた。

続きを表示

「根岸S(G3)」特集記事

「シルクロードS(G3)」特集記事

2018年11月9日のニュース