【東京新馬戦】ラディウス 初陣から好気配「素質を感じる」

[ 2018年11月9日 05:30 ]

 東京日曜5Rではサトノラディウス(牡=国枝、父ディープインパクト)が好気配。母アーヴェイは10年の米G1・フラワーボウル招待S(芝10F)を制覇。水曜7日の最終追いはWコースで6F83秒9〜1F13秒8(強め)でパートナーに2馬身先着した。国枝師は「動きがいいし、長い距離が合いそう。素質を感じる」と好感触だった。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年11月9日のニュース