【京都大賞典】シュヴァル、軽々追い12秒6 友道師も納得顔

[ 2018年10月5日 05:30 ]

坂路で併せ馬で追い切りするシュヴァルグラン(左)
Photo By 提供写真

 天皇賞・春2着以来となるシュヴァルグラン。坂路でユーキャンスマイル(3歳1600万)と併せた。2馬身追走してラスト300メートルで並びかける。そこから追い比べとなって4F53秒9〜12秒6を刻み、ほぼ併入した。友道師は「先週で体はできているし、併せて気合を乗せる程度。休み明けとしてはちょうどいい。去年と同じくらいの感じかな」と納得の表情だ。

 1番人気に支持された昨年のこのレースはスタート後に狭くなって後方から。長く脚を使ったが3着止まりだった。そこをステップにジャパンCでG1初制覇。今年も秋の休み明けはここを選択した。「どんな競馬でもできるので普通にゲートを出てくれたら」。連覇が懸かるジャパンCにつながる走りを期待した。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2018年10月5日のニュース