武豊が仏でV 2日後の大一番に弾み

[ 2018年10月6日 00:08 ]

 7日の凱旋門賞にクリンチャーとのコンビで挑む武豊は5日、フランス・サンクルー競馬場で2鞍に騎乗し、6Rのニスリンで勝利を収めた。

 3番手から直線でし烈な叩き合いを制してV。2日後の大一番に弾みをつけた。ミントジュレップに騎乗した7R(4着)では、日本で騎乗経験があり現在はフランスに移籍したモンドシャルナ(8着)との対決も実現した。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2018年10月5日のニュース