【前橋・G1寛仁親王牌】アフロマン山崎、青森G3の雪辱必ず

[ 2018年10月5日 05:30 ]

<第27回G1寛仁親王牌前検>前検に臨む山崎賢人(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 飛ぶ鳥を落とす勢いなのが111期のアフロマン・山崎賢人だ。昨年7月デビューからめきめき力を付けオールスター、共同通信社杯とG1、G2で連続決勝進出。前回青森G3は二次予選でつまずき「青森は失敗。ビッグレースには慣れてきたけどまだまだ。後半タレるので、そこを踏めるようにしないと」と初戦の9Rへ決意を新たにした。

 人気俳優と同姓同名の25歳は勝利者インタビューで「彼女募集中」をアピールするなどマイクパフォーマンスも超一流。「効果?ないですね(苦笑い)。今回も1着を獲ったら考えています。いつかは検索で(俳優の山崎賢人より)上位になりたい」と意気込んだ。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2018年10月5日のニュース