【凱旋門賞】“有馬方式”での枠番抽選、専門チャンネル生中継も

[ 2018年10月5日 05:30 ]

 枠順抽選会はパリ市内で午前11時から公開で行われ、競馬専門チャンネルで生中継された。まず司会者が箱の中から出走馬の馬名が書かれた白いボールを一つ取り出し、続いて別の箱から数字の書かれた黒いボールを手に取ってゲート番を決定する。14年から導入された有馬記念の枠順決定方式に近い。なお、馬番は(1)負担重量が重い順(2)馬主名のアルファベット順(3)馬名のアルファベット順で、(1)から優先的に決定する。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2018年10月5日のニュース