【東京新馬戦】ピンシェルにドーベル面影 高橋文師「力強い」

[ 2018年10月5日 05:30 ]

 ピンシェルはG1・5勝メジロドーベルの最終産駒。ドーベルを管理した大久保洋吉元調教師の下で修業を積んだ高橋文師が送り出す。

 師は「動きは(産駒の中で)最もドーベルに似ている。最後の最後に大物が出そうな気がする」と夢を描く。「(走りは)ナタ系で力強い。体の使い方が上手。そこは教えられる部分ではない」と話した。デビューはキタノインパクトと同じ日曜東京5R。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2018年10月5日のニュース