【朝日杯FS】(15)ケイティクレバー 外枠むしろ歓迎

[ 2017年12月16日 05:30 ]

 ケイティクレバーは角馬場で体をほぐした後に坂路(4F70秒8)を素軽いフットワークで駆け上がった。騎乗した小林は「思った以上に時計が出ていた。いい状態だね」と納得の口ぶり。枠順は外めの15番に決定。「動きたい所で動けるので、むしろやりやすい」と意に介していなかった。

続きを表示

「根岸S(G3)」特集記事

「シルクロードS(G3)」特集記事

2017年12月16日のニュース