障害重賞11勝、横山義が引退…落馬負傷から復帰目指すも断念

[ 2017年12月16日 05:30 ]

 JRAは15日、横山義行(43=美浦フリー)が、31日付で引退すると発表した。92年デビューで障害レースを中心に活躍。ゴーカイとのコンビで00、01年中山グランドJ連覇など障害重賞11勝を挙げた。JRA通算4343戦242勝(うち障害119勝)。15年1月11日の中山4R・障害未勝利戦で落馬し、頸髄(けいずい)を損傷。リハビリで復帰を目指したが現役続行を断念。今後は飼料などを扱うJRAファシリティーズに就職する予定。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2017年12月16日のニュース