【ターコイズS】ミスターX 強力3歳世代ラビットランに◎

[ 2017年12月16日 05:30 ]

 中山11R・ターコイズSはラビットランだ。秋G1でにわかに存在感を高めた強力3歳世代の主力格。ペルシアンナイト(マイルCS1着)、レイデオロ(ジャパンC2着)と牡馬の活躍が記憶に新しいが、同世代の牝馬はモズカッチャンがエリザベス女王杯で古馬を撃破した。前走・秋華賞はそのモズカッチャン(3着)に続く4着を確保。3着から3馬身離されはしたが、大きなストライドの良さがそがれる重馬場の中でよく頑張った。

 2走前・ローズSを後方からぶち抜いた脚は別格だった。3F33秒5の上がりで4角13番手から直線一気。モズカッチャンやリスグラシューといった手ごわい相手をまとめて破り、良馬場でハマったときの強さを見せつけた。好天予報の16日も再現の気配が漂う。この世代にはまだ大物が残っている。馬単(12)から(2)(7)(8)(9)(11)(15)へ。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2017年12月16日のニュース