【中京記念】最内選択も…ブラックムーン緩い馬場で伸びず3着

[ 2017年7月24日 05:30 ]

 選んだルートは間違いではなかった。1番人気のブラックムーンは最後方追走からM・デムーロが選択したのは外ではなくウインガニオンが通った最内コース。だが、上がり3F33秒9の脚を駆使してもガニオンを捉えることは到底できない。最後は外のグランシルクに差され3着に転落。「残念だ。進んでいかなかった。馬場も緩くて最後はジリジリに。レコードで勝った時のような脚が使えなかった」と鞍上は天を仰いだ。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2017年7月24日のニュース