【函館1R】ルフィー逃げ切りV!放牧挟んでOP獲り見据える

[ 2017年7月24日 05:30 ]

<函館1R>逃げて勝ったキョウエイルフィー(左端)
Photo By スポニチ

 函館1R・2歳未勝利戦(芝1200メートル)は先手を奪った5番人気キョウエイルフィー(牝=矢作、父ルーラーシップ)が逃げ切り。デビュー2戦目で勝ち上がった。坂井は「初戦(3着)が1800メートルで半信半疑だったけど、いいスピードを見せてくれた。体も絞れて良くなっていた。この先が楽しみ」と称賛。矢作師は「ルーラーシップ産駒なので短距離だけの馬にしたくないけど、これなら初戦から1200メートルを使えば良かったかな。1回放牧を挟んで、クローバー賞(8月20日、札幌)やすずらん賞(9月3日、札幌)を考えたい」とオープン獲りを見据えた。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2017年7月24日のニュース