吉田隼 岩田を振り切る!5年ぶり2度目の函館リーディング

[ 2017年7月24日 05:30 ]

5年ぶり2度目の函館リーディングに輝いた吉田隼人騎手(右から2人目)
Photo By スポニチ

 函館騎手リーディングは16勝を挙げた吉田隼が12年以来、5年ぶり2度目の首位となった。日曜2勝で猛追した岩田(15勝)を振り切り、逃げ切った。吉田隼は「チャンスを多く頂いたので、頑張って乗ろうと思った結果がリーディングに結び付いたと思う」と喜んだ。続けて「今週はほとんど競馬に参加できなかったし、反省点の方が多い。函館は涼しく、ファンの方も温かいので気持ち良く競馬ができる環境だった」と反省も忘れなかった。同調教師リーディングは6勝を挙げた須貝師が13年以来、4度目の首位となった。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2017年7月24日のニュース