【立川・開設記念】11R圧勝の吉田拓「上半身の力抜けている」

[ 2017年1月6日 05:30 ]

 茨城の超新星・吉田拓が二予11Rを圧勝した。カマした蒔田後位に切り替えて2角からまくると2着に8車身差をつけて押し切り。

 新年初勝利にも「後閑さんと連係が決まらず申し訳ない。前受けから引いて一気に行こうと思ったが…」と険しい表情で振り返った。納得の走りはできなかったが「脚は踏めている。風が強い中でも上半身の力が抜けている」。準決12Rは初日同様に平原が吉田拓を番手で援護。深谷―岩津の強敵相手に主導権だけは譲らない構えだ。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2017年1月6日のニュース