【京都新馬戦】スズカメジャー初陣飾る 福永「もう少し短い方が」

[ 2017年1月6日 05:30 ]

<京都6R・新馬戦>福永騎手を背にロードアルバータをかわすスズカメジャー(左)
Photo By スポニチ

 京都6R新馬戦(芝2000メートル)はラチ沿いで脚をためたスズカメジャー(牡=橋田、父ダイワメジャー)が、スルスルと抜け出してデビュー勝ちを決めた。

 福永は「いい馬ですね。気がいいからもう少し短い方がいいかもしれないけど、次の走り次第で見えてくると思います」と上々の将来性を口にする。母スプリングサンダーはオープンで活躍し、伯父スズカマンボは天皇賞・春の勝ち馬という筋の通った血統。橋田師は「攻め通りに走ってくれた。次走は未定だけど、2000メートル以下を使っていきたい」と語った。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2017年1月6日のニュース