PR:

【有馬記念】ブラック惜しくも首差2着、凱旋門賞挑戦へ色気

<有馬記念>キタサンブラックが2着惜敗し苦笑いの武豊(右)と清水師
Photo By スポニチ

 ファン投票1位キタサンブラックは、サトノダイヤモンドの強襲に屈し首差2着。道中は2番手を追走して、4角入り口で逃げたマルターズアポジーをかわして先頭へ。粘り切ったかと思われたところで、外からダイヤモンドにかわされた。

 武豊は「惜しかった。いいタイミングで差し返したと思ったけど…。理想通りのレースができたが、3コーナーでサトノノブレスにつつかれたのが痛かった。あのワンプレーですね」と悔しそうな表情。それでも「全部勝つのは難しい。今年はよく頑張って走ってくれた」とパートナーをねぎらった。清水久師は「力を出し切っている。昨年より一回り成長したし、まだ伸びしろはありそう。来年もどんどん鍛えていきたい」と、さらなる飛躍を誓った。

 スタンドで見守った北島三郎オーナーは「2着は残念だけど、うれしい。相手が強かった」と勝者を称え、すがすがしい表情。来年は海外遠征プランも浮上しているが、「凱旋門賞は条件も合いそうだね」と初めて具体的なレース名を挙げた。「フランスで1着になったら、という夢まで見させてもらってありがたい。言葉が通じなくても“まつり”を歌っちゃうかもしれないね」と期待に胸を膨らませた。今年は天皇賞・春、ジャパンCとG1・2勝。春秋グランプリ3、2着なら年度代表馬の資格も十分だ。来年も、競馬界の話題を独占することになりそうだ。 レース結果

[ 2016年12月26日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:10月24日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース