【小田原】同期の志村&古屋、6回目の連係で初のワンツー!

[ 2016年12月26日 05:30 ]

 初日予選8Rは同県、同期の志村と古屋が6回目の連係で初ワンツー。差した志村が1着で人気に応えた。打鐘から伊藤と山本が踏み合う流れとなり、Hでカマした古屋がBで先頭に。番手を回った志村が絶好の展開をものにした。「行くべきところで行ってくれたし良かった」と志村は古屋に感謝。自身の調子については「前回の方が良かった。サドルの位置を1ミリ後ろに引く」と修正点を明かしたが「余裕があったし悪くはない」。準決9Rは関東の目標が不在。厳しい戦いにも「前々で何でも。また決勝で古屋君と連係できるように」と気合を込めた。

続きを表示

「根岸S(G3)」特集記事

「シルクロードS(G3)」特集記事

2016年12月26日のニュース