【中山新馬戦】デアレガーロ 楽々逃げ切り!田辺「落ち着いて運べた」

[ 2016年12月26日 05:30 ]

中山5R新馬戦を制した(7)デアレガーロ
Photo By スポニチ

 中山5R新馬戦(芝2000メートル)は3番人気デアレガーロ(牝=大竹、父マンハッタンカフェ)がハナを取ると、そのまま楽々と逃げ切って初陣を飾った。田辺は「ペースが遅かったのでハナに行ったが、うまく脚がたまった。物見していたけど、落ち着いて運べたのが良かった。今後もテンションが上がらなければ距離は持ちそうです」と話した。次走は未定。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2016年12月26日のニュース