【有馬記念】ゴールドアクター連覇ならず…直線キレ欠き3着

[ 2016年12月26日 05:30 ]

<有馬記念>レースを制したサトノダイヤモンド(右端)。左は2着キタサンブラック、中央は3着ゴールドアクター
Photo By スポニチ

 昨年の覇者ゴールドアクターは3番手からロスなく理想的に運んだが3着。直線、先頭に立ったキタサンブラックを捉えにかかったが、なかなか差が縮まらない。吉田隼がステッキを入れて懸命に鼓舞するが、ゴール前では外からサトノダイヤモンドにかわされた。

 吉田隼は「昨年と同じようなイメージで運べた。4コーナーで手応えも良く、勝てると思ったけど、そこからの反応がいまひとつ。差せず、差された」と唇をかんだ。ジャパンC(4着)はプラス8キロで太め残りが指摘されたが、この日はマイナス6キロ。「夏場にもっと絞れていたら良かったのかな」と敗因を指摘した。中川師も「落ち着いていい感じで走れていたが、最後グンといかなかったね。来年のプランは未定です」と悔しそうに話した。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2016年12月26日のニュース