フジヤマケンザン死亡 7歳で香港国際C制覇

[ 2016年4月13日 09:39 ]

13日朝に死亡したフジヤマケンザン(右)(左は吉田牧場の吉田晴雄代表)

 95年の香港国際カップなどを制したフジヤマケンザンが13日朝、繋養先の北海道勇払郡安平町の吉田牧場で老衰のため死んだ。28歳だった。

 91年にデビューして、4歳春の中日新聞杯で重賞初制覇。その後は故障による休養を挟みながら中距離路線で活躍を続けた。そして7歳にして香港国際カップを勝ち、59年にハクチカラがワシントンバースデーHCを制して以来、日本馬としては36年ぶりとなる海外重賞制覇の偉業を達成。8歳時には金鯱賞を制するなど、息長く走った。

 引退後は種牡馬となったが目立った活躍馬を出せず、05年からは生まれ故郷の吉田牧場で余生を過ごしていた。吉田牧場の吉田晴雄代表は「腸や心臓が弱っており、2、3日前からは腹痛もありましたが、最期は苦しまずに逝きました。ファンの多い馬でしたし、テンポイントの隣に埋めてあげたいと思います」と悼んだ。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2016年4月13日のニュース