【阪急杯】傾向と対策

[ 2015年3月1日 05:30 ]

 1400メートル戦になった06年以降(07年は1着同着)で傾向を探る。

 ☆前走 阪神カップ組が3勝、2着2回でリード。シルクロードS組と東京新聞杯組が2勝。

 ☆年齢 5歳が6勝、2着2回。4歳が2勝、2着3回で続く。6歳は2着2回が最高で不振。

 ☆人気 1番人気は1勝、2着2回、3着2回で信頼性を欠く。4番人気が3勝と活躍。7番人気、11番人気の1着があり、伏兵馬の台頭に注意。

 結論 ◎コパノリチャード ○ミッキーアイル ▲サドンストーム

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2015年3月1日のニュース