【阪神5R新馬戦】エアルシアンが好位差しで圧勝

[ 2015年3月1日 12:43 ]

<阪神競馬 5R新馬戦>7馬身の大差をつけデビュー戦を飾ったエアルシアン

 メイクデビュー阪神は1日、阪神競馬場5R(芝・2000メートル・雨・重)で行われ、池添騎手騎乗の3番人気、エアルシアン(牝3=笹田厩舎、父ジャングルポケット、母スロージンフィズ)が差して楽勝した。勝ち時計は2分6秒9。

 1枠の2頭、エイシンシャンプー、エアルシアンが積極的に先手を取り、サンライズビジューが追走、以下サンライズフライト、フィールドメーカーなどが続いた。雨、重い馬場、レースはスローで、かつ縦長の展開になった。

 2コーナーを回ると突然、先行していた人気最下位のサンライズビジューが果敢に先頭を奪い、10馬身ほどの差をつけて勝負に出た。しかしこれに動揺せず、4コーナーでもエアルシアンは2番手を守り、直線中ほどで一気にサンライズビジューをかわす。最後は後続をグングン引き離して圧勝した。

 7馬身差の2着にタイセイブレイド、そこから1馬身2分の1差の3着にサンライズビジューが粘った。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2015年3月1日のニュース