【中山3R新馬戦】キングアンドクイン競り勝ち初陣

[ 2015年3月1日 11:31 ]

<3Rメイクデビュー中山>新馬戦を制したキングアンドクイン(左奥、左手前は2着のヤマニントルーパー)

 メイクデビュー中山は1日、中山競馬場3R(ダート・1200メートル・曇・やや重)で行われ、木幡初騎手騎乗の7番人気、キングアンドクイン(牝3=牧浦厩舎、父キングカメハメハ、母エレガンスクイーン)が競り勝った。勝ち時計は1分15秒4。

 1番人気のスーパープリンセスの先行策に、シンジナイト、キングアンドクイン、セイリングオーダーなどが付け、以下ヤマニントルーパー、キクノメドウなどの順でレースはよどみなく進んだ。

 向正面から3コーナー、4コーナーまでは馬順に大きな変化はなく、勝負は直線。軽快に飛ばしていたスーパープリンセスは、そのまま逃げ切りをはかる。しかし直後に付けていたキングアンドクインがかわし、外からはヤマニントルーパーとエビスシハーブが迫ったが、キングアンドクインがわずかに競り勝った。

 アタマ差の2着にヤマニントルーパー、そこから1馬身差の3着はエビスシハーブだった。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2015年3月1日のニュース