ビートブラック引退、屈腱炎再発 12年天皇賞・春14番人気V

[ 2014年4月10日 05:30 ]

 12年天皇賞・春を14番人気(18頭立て)で制したビートブラック(牡7=中村)が、大阪杯8着後に右前けい部浅屈腱炎を再発。近日中に競走馬登録を抹消する方向であることが分かった。今後は未定。12年天皇賞・春では2周目3角で先頭を奪い、オルフェーヴル(11着)を尻目に4馬身差で押し切った。中村師は「衝撃の勝ちっぷりであっと言わせてくれた。思い出に残る馬」と話した。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2014年4月10日のニュース