池江師「オルフェーヴル本来の走りを見せるのは不可能」

[ 2013年6月14日 06:00 ]

会見で苦渋の表情を浮かべる池江師

【池江師に聞く】

 ――検査に至った経緯は?

 「1週前追い切りに池添騎手がまたがって、動き自体は悪くなく、上々だったんですけどね。息の入りがもうひとつでせきもあったので、検査をしました」

 ――どんな症状なのか?

 「内視鏡で見なければ分からない病気。鼻からの出血は全く見られず、呼吸器に何らかの疾患があるんじゃないか…という疑いがあった。鼻出血ではないので(1カ月出走ができなくなる)制限はない。ただ、オルフェーヴル本来の走りを見せるのは不可能だと判断しました」

 ――宝塚記念は昨年優勝したレース。

 「去年はどこかが悪かったわけじゃなく、コンディションがどん底まで落ちて、そこから7割まで戻って、という状況だった。今年は他の全ての面で良かった。ただ、いいパフォーマンスを見せられる状況ではないので」

 ――回避の決断に関して。

 「宝塚に出走となれば、来週も負荷をかけ続けなければならない。そうなれば肺の血管が細くなるので、癖になってしまう。初期の段階であれば2週間安静にしていれば、もとのパフォーマンスができる状態に戻せる」

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2013年6月14日のニュース