【函館スプリントS】夫より“愛される”!?パドトロワ

[ 2013年6月14日 06:00 ]

 【東西ドキュメント・函館=13日】初の函館滞在を楽しんでいる村松だが、唯一めいったのは寒さ。この日も朝から曇り空…パーカーの下にダウンを着込み、16日の函館スプリントSにパドトロワを送り込む鮫島厩舎へ。目的は金山美世子助手だ。夫は競輪の金山栄治選手という「勝負師夫婦」。一緒に過ごす時間は少ないが「亭主元気で留守がいいってやつよ、ハハハッ」と豪快に笑い飛ばした。

 「パドは凄くかわいい。新聞もスクラップしているし、もらった写真も大切に保管しているんですよ」と愛情たっぷりの金山さん。前走京王杯SCは14着も、もともと鉄砲は【0106】。「2戦目の男だから。叩いた上積みは大きい」と表情は晴れやかだった。ふと時計を見ると、話し込んではや1時間。すっかり青い空にポカポカ陽気。村松は「勝ったら口取り写真、プレゼントしますね」と約束してその場をあとにした。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「ユニコーンS」特集記事

2013年6月14日のニュース