【函館新馬戦】キャンバス ディープスカイ産駒一番星だ

[ 2013年6月14日 06:00 ]

 日曜函館5Rでデビューするキャンバス(牡=昆)は、新種牡馬ディープスカイ産駒。父の現役時代を管理した昆師が初めて手掛ける息子とあって、指揮官の期待も大きい。

 12日の最終追いは函館芝コース。土曜函館5Rでデビューする僚馬ヒルノバーハーバを3馬身追走し、外からねじ伏せるように首差先着した。昆師は「前を追いかけていく時にスッと反応した」と合格点。デビュー当時の父と比べても「こちらの方が体がしっかりしている。現時点の完成度は上」と評価する。

 ダービートレーナーの称号をもたらした父の初年度産駒。「スカイ(産駒)の一番星は何とかうちの厩舎でそう思って(函館に)連れてきた勝ち負けになる仕上がりだから使う」。指揮官の強い思いを背負っての初陣だ。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2013年6月14日のニュース