【小倉記念】ピルグリム1馬身半先着で“感触大”

[ 2011年7月28日 06:00 ]

<小倉記念>ホワイトピルグリム(右)は坂路でマコトポセイドンと併せ先着

 ホワイトピルグリムは坂路で併せ馬。4F54秒6で、マコトポセイドン(3歳未勝利)に1馬身半先着した。

 「追いかける形で自分としては満足な内容。初めててまたがったけど乗り難しい部分はなかったし、いいイメージしか湧かなかった」と酒井。そして「レースは見ていますし、いい馬に声を掛けてもらった。チャンスだと思っている」と意欲十分だ。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2011年7月28日のニュース