【新潟新馬戦】メジャー産駒スカーレット好感触

[ 2011年7月28日 06:00 ]

 新潟日曜5Rの芝1400メートルが初陣となるトップスカーレット(牝=上原、父ダイワメジャー)はコンビを組む北村宏が騎乗。Wコースでシルクブルックリン(新馬)を2馬身追走し、馬なりのまま楽に併入した。

 4F55秒4~1F12秒9をマーク。鞍上は「初めて乗ったけど素直な気性でいい子だった。父の産駒はみんな前向きで、稽古で動く馬が多いね」と好感触だった。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2011年7月28日のニュース