【筑後川特別】ナルト精神面成長で夏の上がり馬に!

[ 2011年7月28日 06:00 ]

<筑後川特別>小倉競馬場のダートコースで藤懸騎手を背に追い切ったメイショウナルト

 【東西ドキュメント・小倉=27日】開幕週だと言うのに、水曜朝の時点での小倉在厩馬は例年より少ない60頭ほど。ちょっぴり残念に思った岡崎だったが、ダートコースを活気十分に駆け抜けたメイショウナルトの追い切りを見てテンションが上がった。

 昨夏にはクラシック候補の声も上がった3歳馬は、土曜の筑後川特別が4カ月ぶりの復帰戦。厩舎に向かうと、永田厩務員が入念に体をブラッシングしていた。「状態はいいよ。あとはレースに行ってやめる癖を出さないかどうか…」

 昨年8月の小倉デビューから2→1着、その後は野路菊Sでウインバリアシオンの2着、デイリー杯2歳Sでレーヴディソールの3着。強豪としのぎを削る一方で、気性の若さが出世を妨げてきたからだ。だが、追い切りにまたがった藤懸(レースは幸)は「遊ぶところはなかった。もの凄い反応だった」と精神面の成長をうかがわせるコメント。夏の上がり馬になる予感たっぷりだ。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2011年7月28日のニュース