【小倉記念】イタリアン“夏の女王”へ好調持続

[ 2011年7月28日 06:00 ]

<小倉記念>イタリアンレッド(左)は坂路でリクエストソングと併せて追い切る

 イタリアンレッドは坂路で併せ馬。リクエストソング(5歳オープン)を先行する形だったが、最後は逆に約2馬身離されてのフィニッシュ。七夕賞を制して勢いに乗る“夏女”としては意外にも映る内容だったが、4F54秒5~1F12秒9の時計を確認した石坂師は納得の表情だった。

 「併せた馬の方が走るから。(前走から)中2週で追い切りは1本だけだが、タイムうんぬんより併せられたのがいい。それだけ体調がいいということ」

 前走はハンデ52キロ、外差し有利の馬場が味方したのは確かだが、先行勢をまとめて差し切った末脚は地力強化の証。「去年の今頃より強くなっている」とトレーナーは目を細める。あとはハンデ3キロ増にどう対応するか。石坂師は「55キロ?テンションが下がったな。思ったより1キロほど見込まれた」と嘆き節だ。ここはサマー2000シリーズ制覇に向けてのヤマ場。この試練を乗り越えれば、“夏の女王”の称号へ視界は大きく開ける。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2011年7月28日のニュース