森崎ウィン 初映画監督「せん」がグランプリ受賞 アカデミー賞短編映画賞候補への推薦決まる

[ 2024年6月18日 05:15 ]

 「ショートフィルムフェスティバル&アジア2024」のグランプリを獲得し歓喜の抱擁を交わす森崎ウィンと中尾ミエ
Photo By スポニチ

 俳優の森崎ウィン(33)が監督に初挑戦した「せん」が17日、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2024」のグランプリに当たるジョージ・ルーカス・アワードを受賞した。

 森崎はトロフィーを受け取ると「ウォー」と歓喜の雄叫び。この受賞で「せん」はアカデミー賞短編映画賞の候補として推薦されることが決まり「僕はスティーブン・スピルバーグ監督の『レディ・プレイヤー1』にも出ているので、ルーカスとスピルバーグを制覇したってことでいいですよね。今日だけはでかい口叩かせてください」と興奮を隠し切れない様子。

 主演の中尾ミエ(78)も「人生最大の喜び。もうちょっと長生きしてみようと思えた」と祝福した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月18日のニュース