黒柳徹子 名乗りたかった芸名明かす「いかにもかわいい感じがするじゃない」NHKに直談判も却下

[ 2024年6月18日 20:36 ]

黒柳徹子
Photo By スポニチ

 女優の黒柳徹子(90)が18日放送のテレビ朝日系「家事ヤロウ!!! 黒柳徹子の人生ベストテンレシピ 超豪華3時間SP!」に出演、名乗りたかった芸名を明かした。

 黒柳はテレビ放送が始まった1953年にNHK放送劇団の一員となり、テレビ女優の第一号としてデビューした。

 黒柳は「吉永小百合」のようなおしゃれな名前に憧れ、本名ではない名前で活動したいとNHKに直談判したが、即却下されたという。共演のカズレーザーから「何という名前にしたかったんですか?」と聞かれた黒柳は照れ笑いを浮かべながら「白柳リリー」と明かした。

 その理由を「私は『黒柳徹子』って、もう黒からなんとなく憂鬱なとこ持ってきて、徹子って、もうかわいくないって感じがするじゃない。だから、『白柳リリー』って言ったら、いかにもかわいい感じがするじゃない」と説明した。

 黒柳は「NHKの偉い人のことろに言いに行ったの。そうしたら“人の名前なんていうのはな、『○△』さんでも、君が良ければ、皆が君のこと認めてくれるんだから、何も名前を変えなくたっていいじゃないか”」と説得されたと明かし、「白柳リリーが良かったけど、やっぱりダメでしたね」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月18日のニュース