アンジャッシュ・渡部健 コンビ結成の原点は大物タレント 「児嶋が弟子入りしようとして」

[ 2024年6月13日 19:57 ]

「アンジャッシュ」の渡部建
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(51)が12日深夜、ニッポン放送「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(水曜深夜3・00)にゲスト出演。コンビ結成秘話を明かした。

 番組パーソナリティーでテレビプロデューサーの佐久間宣行氏からそもそものコンビ結成のきっかけを聞かれ、「高校の同級生なんです。(相方の)児嶋がヒロミさんの中学の後輩なんですけど、ヒロミさんの妹とクラスメートで、お笑いやるって言って、ツテをたどって人力舎に行くんです」と現在の事務所にたどりついた経緯を語った。

 当時、ヒロミはすでに独立していたため、「児嶋がヒロミさんのところに弟子入りしに行ったんです」と回想。

 「ヒロミさんは、“俺は弟子はとらないけど、元いた事務所が東京で初めて養成所作るからそこに行けば”って言われて。それでスクールJCAに行くことになるんです。まだNSCが東京にないころで。そこに児嶋が入ったんですけど、まだ6、7人しかいない状態で組む人がいないってなって、それで僕が1年半後に呼ばれたんです」と明かした。

 経緯を聞いた佐久間氏は「児嶋さんがお笑いに誘ったんですか!全然逆だと思ってた」と驚きの声を上げていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月13日のニュース