ウエストランド井口浩之 腹部手術で6日間入院 良性に安ども「天涯孤独にもほどがあるだろ!」

[ 2024年6月13日 21:53 ]

「ウエストランド」井口浩之
Photo By スポニチ

お笑いコンビ「ウエストランド」の井口浩之(41)が13日、公式YouTubeチャンネル「ウエストランドのぶちラジ!」に出演し、入院して手術を受けていたことを明かした。

 井口は「先々週、1回ぶちラジお休みをいただていたんですけど、人知れず入院してまして。お腹のしこりを取るのにね。結果出て、全然悪性のものじゃなかったから良かったんですけど」と告白。「ただ、手術しなきゃいけないってなって、初めて全身麻酔したから。なかなかないでしょう?手術の前の日には入院しなきゃいけないってなって、合計6日間。その1週間、僕テレビ出まくってたんで、誰も僕が休んでるとは思ってないと思うんですけれども、6日間入院してたんですよ。実は」と話した。

 独身のため、当初は所属事務所「タイタン」の太田光代社長が付き添いで来てくれる予定だったが、病院のルールで対面できず、一人で手術当日を迎えた。「手術しますってなって、手術着みたいなのに着替えて、すごいですよ。本当にドラマみたいな。怖いじゃないですか。一人で行って、同意書とか書いたり読んだりして、横になって、“えっ?誰も来ないんですか?”ってなって。天涯孤独にもほどがあるだろ!っていうか…、全身麻酔して手術する時に誰一人来ない人っていない」と語り、本来付き添いなら大丈夫なところ、普通の面会と間違われたんだと気づき「あまりにもかわいそうな奴なんです…。麻酔きく前に泣きそうになって。不安な中、お腹も一応切らなきゃいけない中、一人でやるしかないから…」と振り返っていた。

 さらに、術後に病室に戻っても「一人ですよ。誰もいないからね。どうしようってなって、点滴もしてて動けなくて」と井口。また、退院した日に「『バラいろダンディ』出てたんだから!めちゃくちゃだよ本当にもう」と明かしたが、「途中で社長もお見舞いに来てくれて、お母さんみたいに病室を片付けてくれたりとか。あと何人かには入院するって伝えてたから、あいなぷぅ(ハーパー)と安部(納言)がお見舞いに来てくれたんすけど。安部がドレッドにしていたから、赤髪女とドレッド男が…」と言いながらも感謝。今はもう大丈夫とし「皆さんも気を付けてくださいね」と呼び掛けていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月13日のニュース