長嶋一茂 「夫婦とは?」に回答「自分のことを変えてくれた女房に感謝」

[ 2024年6月13日 13:40 ]

長嶋一茂
Photo By スポニチ

 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(58)が13日、元テレビ朝日社員の玉川徹氏がパーソナリティーを務めるTOKYO FM「ラジオのタマカワ」(木曜前11・30)にゲスト出演。夫婦関係について語った。

 リスナーからの恋愛相談に乗った長嶋。番組最後に玉川氏から「一茂さんにとって夫婦とは?」と聞かれると、「急に…。夫婦とは…」と戸惑いながら、「今探しているところなんだよね。出口のない、答えのないもの」と答えた。

 「出口があるようにも見えないし、死んだ後もまで出口じゃない。どちらかが葬儀しないといけないんだから。答えも、きょう僕は“全部男が悪い”とすごく端的に言った。今のところこれがしっくりきている。若い時はそうじゃなかった。もしかしたら亭主関白の自分がいた時もあったと思う」と話した。

 玉川氏から「もしかして女性の好感度上げようとしてる?」と指摘されると、「そんなことない」と回答。「好感度は確かに今一番低いんで、ちょっと上げたい」とした上で、「でも確実に本当にそう思っています。自分のことを変えてくれた女房に感謝ですね」と、妻への思いを語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月13日のニュース