上田晋也 井上尚弥-ネリ戦のMC務め「俺に154万円の請求が来た」そのワケは…

[ 2024年5月31日 14:32 ]

上田晋也
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の上田晋也(54)が29日深夜放送の中京テレビのトークバラエティー番組「太田上田」(火曜深夜0・59)に出演。今月6日に東京ドームで行われたボクシングの4団体統一世界スーパーバンタム級王者の井上尚弥(31=大橋)が挑戦者、ルイス・ネリ(29=メキシコ)を6回TKOで下した試合について語った。

 上田が同戦を生配信したアマゾンプライムビデオ「Prime Video Presents Live Boxing 8」のMCを務めたことから、この日の番組は太田光とともに井上の話で持ちきりとなった。

 そこで上田は「せこい話だからしたくないんだけど」としながらもこの試合にまつわる“お金”の話をはじめた。

 昨年末に故郷・熊本に帰省した際はまだ、井上-ネリ戦が正式決定しておらず、噂段階だったという。そこで高校の同級生から「井上がさ、ネリとやるって言ってるけど、あの試合がもし実現したらチケット取れるかね?実は親父が高校、大学とボクシングやっててボクシング好きで年も80過ぎたし、最後の親孝行でビッグマッチ見せてあげたいんだよね」と打診があったそうで、上田は「その試合が実現して、アマゾンで放送になって俺に進行の仕事が来たら取れるんじゃない?もし、俺に仕事の話が来れば連絡するわ」と返答した。

 その後、井上-ネリ戦が正式決定し、上田にMCのオファーが来たことから、同級生用に席を2枚確保した。

 さらに、上田の兄がたまたま東京に来る用事があったそうで「井上-ネリ戦見たい?」と兄に尋ねたところ「それは見たいよ」と兄も観戦を熱望したことから「じゃあ、せっかくだから親父も来れば」と兄と父の分の席も関係者に頼んで取ってもらったという。

 また、親友であるえなりかずきの分も「行きたがるかな?えなり君もボクシングジム行ってるし」と見たがるだろうと思い確保した。

 2年前の井上-ドネア戦でもMCを務めた上田は「関係者席に3、4人ぐらい、入れてもらったの」と明かし、今回も「4人ぐらい関係者席でいけるかな?」と思っていたという。

 今回は「なんだかんだで7枚取って」と依頼。「本当せこい話で申し訳ないけど、俺は関係者席に7人座れるのかなって思ってたの」と前回同様と思っていたが「そしたらリングサイドのお金がかかるチケットを確保してくれたわけ。それはそれでありがたいんだけど、でも“お金かかります”と」と関係者から伝えられた。

 そして、最終的に「俺に154万円の請求が来たわけ。1人22万だからさ、俺1人で154万払わないといけない」と高額になったと告白した。

 それでも太田が「あの試合だともっとプレミアだよ?微々たるもんでしょ。総合司会やってるんだから」とイジると、上田は「まぁね」と返したものの「まぁね、じゃないわ!高いわ!」と苦笑い。「しょうがないわ。俺が“(席の確保を)お願いします”って言ってるしさ。今さら、高校の同級生にさ、2人分で44万払えとは言えないじゃん?えなりにも払えよって言えないし…」と高くついたと笑っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月31日のニュース