×

「ちむどんどん」矢作さん 突然の退職届にネット驚きも「矢作の乱」「まさかやー!」ついに房子が厨房へ

[ 2022年7月4日 08:15 ]

連続テレビ小説「ちむどんどん」第61話。退職届を出した矢作(井之脇海・右)たち(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の黒島結菜(25)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は4日、第61話が放送された。

 <※以下、ネタバレ有>

 朝ドラ通算106作目。タイトルは沖縄のことばで「チム(肝=心)が高鳴る様子」「胸がドキドキする」という意味。映画「パッチギ!」「フラガール」などで知られ、2014年後期「マッサン」を担当した羽原大介氏がオリジナル脚本を手掛ける。今年、本土復帰50年を迎えた沖縄を舞台に、沖縄料理に夢を懸けるヒロイン・比嘉暢子(のぶこ)ら個性豊かな4きょうだい、本土復帰からの歩みを描く。

 第61話は、暢子(黒島)は房子(原田美枝子)と酒を交わすうち、和彦(宮沢氷魚)への恋心を自覚。人生初の感情に振り回される暢子は、二ツ橋(髙嶋政伸)から助言を受ける。一方、結婚に向けて順調に進んでいたはずの和彦(宮沢氷魚)と愛(飯豊まりえ)の関係にも変化が訪れる。そんな中、「アッラ・フォンターナ」に大事件が勃発し…という展開。

 矢作(井之脇海)ら3人が事務所に退職届を残し、包丁とともに姿を消した。

 矢作は「おまえら、いつまで働き蜂のままでいる。おまえらもいい加減、気づけ。結局、どこまで行ってもオレたちはただ消耗品。その巣を抜け出さない限りな」と語っていた。

 二ツ橋は臨時休業を提案したが、房子は「店は休みません。私が厨房に入ります」――。

 SNS上には「えー!突然の?」「矢作の乱が…」「またもや矢作パイセンに驚かされる月曜日。まさかやー!と思いつつも、明日以降の厨房のシーンにちむどんどんするw」などと驚きの声も上がった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年7月4日のニュース