×

「ちむどんどん」前夜の大河・上総広常に続き 賢三さんロス「月曜の朝から…」2週目の急展開にネット涙

[ 2022年4月18日 08:15 ]

連続テレビ小説「ちむどんどん」第6話。賢三(大森南朋・手前)を看取る(左から)良子(土屋希乃)、暢子(稲垣来泉)、賢秀(浅川大治)、歌子(布施愛織)、優子(仲間由紀恵)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の黒島結菜(25)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)が18日、第6話が放送され、朝ドラ初出演の俳優・大森南朋(50)が好演した父・賢三の最期が描かれた。2週目にしての急展開。SNS上には悲しみの声が相次ぎ「賢三さんロス」が広がった。前夜17日に放送された大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・00)第15話は、18年ぶりの大河出演となった俳優の佐藤浩市(61)が圧倒的な存在感を示してきた“坂東の巨頭”こと房総半島の豪族・上総広常が“非業の死”。大河→朝ドラと連続のロス現象となった。

 <※以下、ネタバレ有>

 朝ドラ通算106作目。タイトルは沖縄のことばで「チム(肝=心胸・心)が高鳴る様子」「胸がドキドキする」という意味。映画「パッチギ!」「フラガール」などで知られ、2014年後期「マッサン」を担当した羽原大介氏がオリジナル脚本を手掛ける。今年、本土復帰50年を迎える沖縄を舞台に、沖縄料理に夢を懸けるヒロイン・比嘉暢子(のぶこ)ら個性豊かな4きょうだい、本土復帰からの歩みを描く。

 第6話は、東京から来た青柳史彦(戸次重幸)和彦(田中奏生)の父子と交流が深まったある日。比嘉家の大黒柱、父・賢三(大森南朋)がサトウキビ畑で倒れた。急報を受け、暢子(稲垣来泉)たち4きょうだいも学校から駆けつける。懸命に、家族に何かを伝えようとする賢三。優子(仲間由紀恵)も必死に見守るが…という展開。

 賢三は心臓発作だった。「賢秀、お母ちゃんとみんな、頼むよ」「良子、頑張って立派な先生になれな」「暢子…」「歌子、幸せになれよ」「優子、ありがとう」。静かに息を引き取った。

 自分だけ父からの言葉がなかった暢子に、良子は「そのままでいいと思ったから。暢子は暢子のままでいい。そう思ったから、何も言わなかったと思うよ」と気遣い。4きょうだいは海辺から「ニライカナイ」に向かって叫んだ。

 現実は厳しく、借金の問題が残った。優子は自宅だけは売りたくないと、工事現場のまかないを作る仕事を始めた。

 生まれ故郷の村でサトウキビ農家を営む賢三。若かりし頃は大工や飲食業などの仕事も。農閑期には家族を支えるため出稼ぎ仕事に行くこともあった。時折、得意な料理の腕をふるい、唄三線をこよなく愛していた。

 インターネット上には「月曜日の朝から号泣」「月曜日からキツイ。会社行くの、やめよかな」「お父ちゃん、あっけなく旅立った」「一気にとと姉ちゃん的展開」「昨日(大河)といい、今日(朝ドラ)といい、つらい。月曜朝から悲しすぎる」などの声が続出した。

 16年前期「とと姉ちゃん」(ヒロイン・高畑充希)は俳優の西島秀俊が演じた父・小橋竹蔵が結核のため1週目に他界。亡き父親に代わり、一家の大黒柱として母親と2人の妹を守る「とと(=父)姉ちゃん」こと小橋常子の奮闘を描いた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年4月18日のニュース