×

ミルクボーイ内海 粗品からの結婚報告の電話を「ホンマに最低やねんけど、一回無視した」 その理由とは?

[ 2022年1月4日 16:51 ]

ミルクボーイの内海崇
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ミルクボーイ」の内海崇(36)が、パーソナリティを務める3日深夜放送のABCラジオ「ミルクボーイの煩悩の塊」(月曜深夜0・30)に出演。「霜降り明星」の粗品(28)が結婚を報告するためにかけてきた電話を、ある理由で無視したことを明かした。

 粗品は昨年の12月30日にタレントの秋山衣梨佳(27)との結婚を発表。内海は「夜中の12時ぐらいに粗品から電話があったんよ。で、ホンマに最低やねんけど、一回無視してもうて。粗品から電話かかってくることないやん。ビックリしてもうて」と語る。その理由について、「(粗品が)競馬とかメッチャやってるやん。『どういうこと!?』と思って。年末に粗品から電話かかってくることなんてないから、『金貸してくれ』なんかなと思って、ヤバイ!ヤバイ!ヤバイ!と思って…」と苦笑いで明かした。

 さらに「次の日に競輪のデカいやつとかもあったから、もしかして金貸してくれなんかもしれんと思って、一回無視してん。奥さんおったから、『どういうこと?』ってなって。粗品やし、返さへんとかないから。でも粗品も『1万貸してくれ』とかじゃないやん。貸せるとしたらこんぐらいは貸せるかとか…」と、嫁といくらまでなら貸せるか相談したことを告白。相方の駒場孝から「どれぐらいなん?」と聞かれると、「100(万)とか」と返答。「それは粗品やからやで。売れてるし、知ってるし、劇場も入ってる」と付け加えて、粗品と信頼関係があるからこその額だと説明した。

 そうこうしているうちに、粗品からLINEが。「『急に電話すいません。実は結婚することになりまして』みたいなんやって、すぐにかけ直して『おめでとう』って。『ちょっと出られへんかってごめんな』みたいな」と苦笑い。最後は「お金かと思ってしまって…。ごめん粗品」と詫びていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月4日のニュース