×

藤井竜王、9日開幕王将戦へ「甲冑着た甲斐がある。勢いよく戦いたい」 渡辺王将も気合

[ 2022年1月4日 19:41 ]

22年初仕事を終えた藤井聡太竜王(撮影・我満 晴朗)
Photo By スポニチ

 将棋の渡辺明王将(37)=名人、棋王含め3冠=、藤井聡太竜王(19)=王位、叡王、棋聖含め4冠=、永瀬拓矢王座(29)らトップ14棋士が4日、東京都内で行われたABEMAの収録で新年初仕事をこなした。

 9日に開幕する第71期ALSOK杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負に出場する渡辺王将は「特に旅行はしてないので、正月という感じではないですね」と振り返りながらも王将戦への気合は十分。「もうすぐという実感はあります。例年若い人が出てきて、年々自分の将棋が古くなる。それを踏まえてどういう戦い方でやっていくかがテーマです」と心境を話した。

 その渡辺と対戦する藤井は「(スポニチの元日企画で)山内一豊の甲冑(かっちゅう)を着た甲斐がある。掛川では勢いよく戦いたい」とにっこり。コンディションについては「気持ち面も含め、8割以上です」と明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月4日のニュース