マツコ「本当に安住の地を求めているんだったら」 30代が住むべきおススメの街に挙げた2つの駅名

[ 2021年11月8日 18:00 ]

マツコ・デラックス
Photo By スポニチ

 タレントのマツコ・デラックス(49)が8日、月曜コメンテーターを務めるTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)に生出演。「30代が住むべき東京の街」に具体的な駅名を挙げた。

 番組で見栄を張らない30代におススメする東京の街について書かれた記事が紹介され、そこには「荻窪」「中野」「高円寺」「本郷」「三鷹」「池上」などの名前が。これを黙って聞いていたマツコは意見を求められると「もう全否定ですね。全否定」と冷静な答えてまずはスタジオの笑いをさらった。

 まずは荻窪について「中央線に住んでるプライドみたいな。田園都市線みたいなプライドではなくて、田園都市線を避けて生きるオレ、アタシ…みたいな。そういうプライドがあるんですよ、中央線沿線は。それはね、ひと駅ずれたからって消えない」とバッサリ。「やっぱりオレンジの電車に乗った瞬間にそのプライドが出るわけよ。それはもう疲れる」と続けた。

 「本郷なんてもっと無理よ、あんた」とマツコ。「駅出ると東大生が歩いてんのよ?敗北感しか感じない」とし、「アタシがおススメするのはちょっと急いで考えたからあれなんだけど」と前置きした上で「最初『平井』あたりがいいのかなとかね、『沼袋』あたりがいいかなと思ったんだけど、それはそれでプライドがあるのよ。『平井』は下町プライドみたいなのがあるし、『沼袋』にはやさぐれた人生をあえて選んでいるプライドみたいなのがあるわけよ。だから、やっぱりね、ベストではないけど、本当に安住の地を求めているんだったら『尾久』『上中里』あたりがいいと思う」と北区にある2駅の名前を挙げた。

 スタジオでは「どこ?」「どこですか?」と失礼な声も飛んだが、「それは調べていただければ。あそこは本当に色々ダラーッとしても許される」とキッパリ。「京浜東北(線)も横浜方面だとまたうざいからさ。変な横浜のプライドを持った人たちがいるからさ」とこれまで通り“横浜嫌い”を宣言した上で「埼玉方面に向かいながら都心に近くて、しかも『東十条』とか『赤羽』とか行っちゃうとまたちょっとプライドがあんのよ、あいつら。やっぱ『上中里』っていうね、なんて言ったらいいんだろう。もうブラックホールみたいなもんよね。『上中里』『尾久』はね、ちょっとホント最後の地だと思って。総合点でちょっと安らげる」とおススメしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年11月8日のニュース