×

「おかえりモネ」菅波先生“休菅日”明けにネット歓喜「心のオアシス」「癒やしパワー半端ない」

[ 2021年9月30日 08:15 ]

連続テレビ小説「おかえりモネ」で医師・菅波役を好演している坂口健太郎(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の清原果耶(19)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は9月30日、第99話が放送された。

 <※以下、ネタバレ有>

 朝ドラ通算104作目。清原とタッグを組んだNHK「透明なゆりかご」やテレビ東京「きのう何食べた?」などで知られる安達奈緒子氏が手掛けるオリジナル作品。朝ドラ脚本初挑戦となった。タイトルにある「モネ」は主人公・永浦百音(ももね)の愛称。1995年に宮城県気仙沼市に生まれ、森の町・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・百音が気象予報士の資格を取得し、上京。積み重ねた経験や身につけた技術を生かし、故郷の役に立ちたいと奮闘する姿を描く。

 翌日、漁協組合長の滋郎(菅原大吉)が百音(清原)と訪ね、コミュニティFMに出演。「来週あたり、アワビの解禁日になる」と語る。アワビ漁をするには、海の透明度が重要と知った百音は、アワビの開口日を予測したいと滋郎に提案。しかし、全く相手にされない。百音は菅波(坂口健太郎)に電話をかけ、相談。再び滋郎を説得する気持ちでいると、今度は子どもたちを連れたグループが現れる…という展開。

 菅波「(漁協組合長・滋郎に)しつこいって電話切られたんだ。なのに漁協行ったの?」

 百音「予測した日の資料作ったから、一応渡してきた」

 菅波「強いねぇ。さすが百音さん。僕なら心折れる」

 百音「ほとんど折れてるけど。詳しい天気予報も実際この町の人に役立っているのかどうかも分かんない」

 菅波「まぁ、続けるしかないね」

 百音「そうですね。そっちは?もう慣れました?」

 菅波「全然。ブランク埋まるどころか、オペ看にガンガン言われっぱなしで今も凹んでる。つらい」

 百音「先生、本音が出ちゃってる」

 菅波「でも、僕は言いやすいから話が早いって。チームのウケは悪くなさそうですよ。自分で言うのも何だけど」

 百音「病院内で噂されてるんじゃないですか。菅波先生、人が変わったって

 菅波「たぶんね。自分がいなかった時間を埋めるのは、しんどいけど、案外おもしろい」」

 百音「私も同じこと感じてました」

 菅波「うん。(看護師に呼ばれ)ごめん」

 百音「じゃあ、頑張って。あ、身体気をつけて」

 菅波「そっちも」

 菅波は最終章となる第3部「気仙沼編」初登場。SNS上には「心のオアシス、菅波先生」「菅波先生の癒やしパワー、半端ないわ」「ほんの一瞬、菅波先生が出てきただけで、めちゃくちゃ気持ちが潤う」「出たーっ!スクラブ姿の菅波先生っ。そして癒やし合う2人。尊いっ!」「2人に共通してるのがブランクか。ここでも共鳴している」などの声が相次いだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年9月30日のニュース