ついに西川貴教が来年の鳥人間コンテストに出場…を矢部浩之が勝手に「宣言」

[ 2021年8月2日 05:30 ]

読売テレビ「鳥人間コンテスト2021」の収録に臨んだ西川貴教
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナインティナイン」矢部浩之(49)は1日、滋賀・彦根市で開催された読売テレビ「鳥人間コンテスト2021」の収録でMCを務め、会見で歌手・西川貴教(50)と爆笑トークを繰り広げた。

 2年前の大会収録後の会見で、西川は「来年は出場したい」と意欲を見せていたものの、今年も何かと理由をつけて不出場。滋賀県出身で、県のふるさと観光大使を務めており、「誠にありがたい」「県民代表として…」などと、まるで選挙演説のように、ノラリクラリかわしていると、横にいた矢部が西川に代わって「出ます。来年は出ます」と勝手に出場を宣言し、場内は爆笑。西川も苦笑いした。

 昨年は、新型コロナ感染拡大の影響で11年ぶり3度目の中止となった人気番組が無観客で2年ぶりの開催。MCの矢部は「参加者の2年分の熱い思い。今までで一番熱い鳥人間になったと思います」とPR。東京五輪で準決勝進出を果たしたサッカー日本代表については「いいですね。メダル、期待してます」とエールを贈った。

 大会は今年も滑空機、人力プロペラ機の2部門で飛距離を争い、23機が参加した。放送は9月2日午後7時から。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年8月2日のニュース