アンミカ 「元気な姿を拝めて良かった」五輪ボランティアの夫が中継画面に

[ 2021年7月30日 13:58 ]

モデルのアンミカ
Photo By スポニチ

 モデルでタレントのアンミカ(49)が30日までに、自身のインスタグラムを更新。東京五輪でボランティアを務めているという、夫で実業家のセオドール・ミラー氏(50)の姿を公開した。

 「旦那様の@theodoremillertokyo がこの男子ゴルフの『技術役員』を勤めることになり、テレビに注目していたら、右上に愛しい旦那様が」と書き出し、赤いポロシャツ姿で五輪・男子ゴルフの中継に写り込むミラー氏の姿を披露。選手の背後に立っている夫の頭上に、ハートマークと共に「ted」と矢印を添えて手書き風の加工をしている。

 技術役員について、「選手と一緒に歩き、スコアやボールライなどの情報をリアルタイムに入力し、放送やスコアボードに使われる大切なボランティアを務めます」と説明し、「旦那様曰く『子供の頃からオリンピックに憧れ、少しでも関われるのは光栄で夢!』とのこと。五輪バブルに入り、しばらく会えていませんが、元気な姿を拝めて良かった」とつづった。

 さらに、「無事に皆さんが健康に安全に、そして猛暑と湿度の中になりますが、ベストを尽くせますようにお祈りいたします」とコメントした。

 フォロワーからは、「旦那様だー!って思いながら、選手のスタートホールを見ていました」「素敵なお話」「素敵なご主人」「TVの前で応援ですね」「バッチリ映ってらっしゃいますね」「すごい!!」「オリンピックは憧れますよね」「夢が叶ってよかったですね!」「ボランティアなんですね?!」などのコメントが寄せられた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月30日のニュース